内視鏡部門 – 西宮敬愛会病院 低侵襲治療部門「COKU」

予約・お問い合わせ
お問い合わせ電話番号
0798-64-0059
0798-64-0059
医療関係者の皆様へのご案内はこちら

ブログ

内視鏡部門

2024年4月1日より、COKUに内視鏡部門がオープンしました。

内視鏡にまつわるトピックも定期的にあげていきたいと思います。

今回は、大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の前に服用する下剤についてお話します。

大腸カメラでは検査前の下剤が必要

大腸カメラでは、肛門から細長いカメラを挿入して大腸の奥まで観察するのですが、事前に下剤を使用して大腸の中をきれいにしないと便できれいに腸がみえません。

大腸からの出血で緊急を要する場合など、下剤を服用せずに行う例もあり得ますが、十分な観察のためにはしっかりとした前処置(下剤による腸の洗浄)が必要になります。

前処置のための下剤の服用方法として、一般的には前日の夜と当日の朝にわけて服用を行います。

大腸カメラ前日の夜の下剤

当院ではセンノシド(錠剤)、ピコスルファートナトリウム(液体)、マグコロールP(液体)の3種類を主に使用します。

それぞれに特徴があり、使い分けています。

1.センノシド:錠剤であるため飲みやすく、便秘の症状が強くないほとんどの方で効果は良好です。

2.ピコスルファートナトリウム:便秘症状の強い方、センノシドでは効果の乏しい方はピコスルファートを1本使用します。

3.マグコロールP:センノシドやピコスルファートは「刺激性下剤」に分類され、大腸粘膜を刺激することで腸蠕動を亢進させます。どちらも飲みやすい薬ではありますが、腸を刺激して動かすため、お腹が痛くなることがあります。マグコロールPは「浸透性下剤」といって、便からの水分吸収をしにくくする(便を水っぽいままにする)ことで効果を発揮します。

もともと便秘が強い方は、数日前から「酸化マグネシウム」や「リナクロチド」などで便通を整えてから、上記の下剤を服用します。

大腸カメラ当日の下剤

当院では、サルプレップ、ニフレック、ビジクリアを使用します。

大腸カメラ 下剤 サルプレップ

1.サルプレップ

サルプレップは、1本480ml入りのペットボトルに入った液体の下剤です。薄めずに使用できます。120mlを10分程度で服用し、そのあとに240mlの水あるいはお茶を10-20分程度で服用します。これを1セットとし、便がきれいになるまで繰り返します。1本で検査可能な方もいらっしゃいますが、1本と1-2セット程度を要することが多い印象です。味はやや濃い塩味です。下剤自体の量が少なくて済むのが特長です。

大腸カメラ 下剤 ニフレック

2.ニフレック

ニフレックはバッグに入った粉末で、2リットルの水で溶解して200mlを15分ごとに服用してゆきます。昔からある下剤であり、重篤な腎障害がある方にも使用できる点が最大の特長です。レモン・スポーツドリンク風味です。間に水をはさまず(飲んでもかまいませんが)使用できるので、飲み方が複雑でないことも利点です。

大腸カメラ 下剤 ビジクリア

3.ビジクリア

5錠ずつを15分おきに200mlの水で服用してゆきます。合計10セット、50錠服用して終了です。特長は何よりも下剤を味わわなくてよい点です。重篤な腎障害や、高血圧をお持ちの高齢者の方は禁忌となります。

まとめると次の表のようになります。

大腸カメラ 下剤の比較表

以前に使用して味や飲み方があわなかった場合には、違う下剤を試してみるなどもできます。経験のある方は、そのような情報もぜひお話しください。

※どうしても下剤が飲めない方

最後に、どの下剤でも嘔吐してしまう方がいらっしゃいます。そういう方の場合、胃カメラから十二指腸に下剤を注入する方法があります。

本来の使用方法ではないため優先されるべき方法ではありませんが、どの下剤も服用できないのなら一生大腸カメラはできないのかという話になりますので、医療者としてこういう方法も対応はするべきと考えます。胃カメラの際は鎮静剤を使用可能です。どの下剤でも嘔吐してしまう方は当院へご相談ください。

※大腸カメラの下剤を上手に飲むために

下剤に関しては、味の観点で冷やして飲まれることが多いですが、水分量が多いので寒く感じがちです。少し暖かい服装で服用されることをお勧めします。また、味が苦手な方は、直接コップで飲むよりストローで飲むこともよい工夫だと思います。

下剤服用後の来院までに距離があるなど不安な方は、病院で服用頂くこともできますのでご相談ください。

前日までの下剤を工夫して調節することで当日の下剤も効果的に行えることがあります。今までの便通の経験や、お飲みになったことがある下剤があればそれの使用感を教えて頂けると、よりよい工夫につながると思いますので、診察の際にはぜひお話ください。

大腸カメラに対する検査の不安や下剤の不安などをお持ちの方も多いと思いますが、大腸カメラは大腸がんの早期発見にはかかせない検査です。検査において最も重要なのは患者様とのコミュニケーションだと思いますので、不安やお悩みをしっかりと聞いて一緒に考えてご相談させていただきたいと思います。

西宮敬愛会病院 低侵襲治療部門 消化器内科部長 嶋吉

内視鏡室のご案内 西宮敬愛会病院 COKU

2024年4月より内視鏡部門が新設されます。

消化器内科診療として胃カメラや大腸カメラ、内視鏡治療を行います。

内視鏡室内に内視鏡システムの搬入や、壁面モニターの取り付けが行われました。まだ準備中ではありますが、一部の機器の紹介をさせていただきます。

まずは、内視鏡システムです。安心かつ精度の高い検査や治療をうけていただくため、FUJI FILM社製の最新機種であるELUXEO 8000システムを導入しています。2024年6月に発売予定となっていますが、当院では先行導入させていただき、兵庫県では最も早い使用が可能です。

内視鏡システムには「CAD EYE」という内視鏡画像診断支援システムも搭載しています。病変の検出支援モードや鑑別支援モード、ランドマークフォトチェッカーなどのサポートにより経験豊富な医師の眼とあわせて、優れた精度で病変部を検出することができます。

内視鏡の洗浄は、日本消化器内視鏡学会が推奨する高水準の洗浄機器として、FUJI FILM社製の純正品を導入しており安全な内視鏡検査をご提供できます。

消化器内視鏡技師の資格を持った看護師も診療のサポートを行います。

2024年4月から診療開始となります。スムーズで安全な診療を行うために現在しっかりと準備を行っております。

ELUXEO8000システム FUJIFILM

西宮敬愛会病院低侵襲部門COKUは、2023年12月に消化器外科領域の良性疾患である、鼠径ヘルニア(脱腸)、胆のう疾患などに対する腹腔鏡手術を中心に行う施設として外科部門の診療を開始しました。

すでに多くの患者様に腹腔鏡手術による治療を提供させていただいておりますが、低侵襲診療の幅を広げ、更に多くの患者様に対して診療を行えるように、消化器内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)を用いた診療を中心に行う内視鏡部門を2024年4月より増設します。

この新規内視鏡部門では、胃カメラ・大腸カメラによる診断はもちろんですが、内視鏡を用いた治療も積極的に行なってまいります。

当院は入院施設もあるため、大きいポリープや早期の消化器がんに対して、内視鏡的粘膜切除術(EMR)また内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)といった治療を行なっていきます。

また、消化器にご不安のある方を対象に消化器ドックも開設します。消化器ドックでは内視鏡による診断はもちろんですが、CT、腫瘍マーカーを含む各種採血検査を加えることで総合的な消化器疾患の診断に努めてまいります。

今後、COKUでは外科部門の腹腔鏡手術と内視鏡部門の消化器内視鏡診療・治療を2つの柱として、阪神間の方々に低侵襲治療を提供していきたいと考えております。

西宮敬愛会病院 低侵襲治療部門 主任部長 大塚正久

お探しの情報は見つかりましたか